ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

野外活動センターを休止しないで!

 神宮寺のあたりから、交野山をめざして登っていくと、「いきものふれあいの里」の駐車場があり、そのすぐ近くに、交野市野外活動センター(ほうじの里)があります。

 市は、今回の財政健全化計画案のなかで、この野外活動センターの設備が老朽化しているため、来年度から利用を休止することを提案しています。

 先週の決算特別委員会で、まずは現場を見てから議論をと、野外活動センターの視察に行きました。
c0121545_23324363.jpg


 山奥の、自然のど真ん中で、ゆったりとした広場に、炊事棟、テントなどの設備があります。静かな木立のなかで、空気がおいしい。環境は抜群です。

 c0121545_033954.jpg
問題の老朽化している大テントは、確かに古い。
大雨など、緊急の際に子どもたちが集まってきても、土間なので、座るところもありませんし、下から雨が流れ込んできそうです。
 たしかに、このままの状態で、宿泊キャンプの受け入れを続けていくのは難しいと思いました。




c0121545_055636.jpg
 でも、炊事棟は屋根つきできれいに整備されていました。テーブルやベンチも備え付けられており、日帰りのキャンプなら、十分に飯盒炊さんや散策を楽しめると思います。
 せっかくある設備も、いったん休止にしてしまうと、荒れてしまいます。



 決算特別委員会の審議では、市からは、老朽化したテントなどを修理・新設すると、最低2000万円ほどかかるので、いまの財政状況では難しいと説明がありましたが、私は、「当面のお金がないからと、即休止にしてしまうのではなく、いまある設備を活かして、日帰りのキャンプ利用に力を入れるなど工夫しながら、計画的に施設の整備をはかっていくべきだ」と意見を述べました。いま、日帰りで家族で野外でバーベキューなどできるスポットも、とても人気がありますからね。
 
 交野の魅力といえば、豊かな自然。自然に囲まれた、せっかくのこの施設を、休止にしてしまうのでは、あまりにももったいない!なんとか、知恵をしぼって、継続にと方向を変え、たくさんの市民(市外からも)に利用してもらえるようにしていきたい。

 市の「第2次財政健全化計画案」についての、市民の意見募集(パブリックコメント)の期限は11月2日までです。小さなことでも、市民の意思表示をしていくことが大事です。ぜひ、たくさんの意見提出を!
[PR]
by sarage | 2009-10-25 23:54 | 市政・議会 | Comments(0)
<< 「星田駅前パチンコ店出店に反対... 星田北パチンコ店、市長が「同意... >>