ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

政治を変える選挙に!

 雨が続きますね。
 強い雨が降ると、以前に浸水被害が出た場所のことが心配になります。

  さて、参議院選挙は選挙区の「わたなべ結」さんも、比例代表も、大激戦!
 今日は、交野にゆかりのある比例候補の大門みきし参議院議員が河内磐船駅前で訴えました。イギリスのEU離脱の話題にもふれながら、「社会保障を充実させてこそ、経済をよくすることができる」と力説されました。

 子どもたちに平和な未来を手渡したい。
 若者が希望をもって、まともに働ける社会に。
 国民1人1人のくらしが本当に大切にされる政治を。
 ・・・そんな私自身の願いを胸に、みんなの願いを集めて、安倍政権の暴走政治を終わらせ、政治を変える選挙にしたい!

 大阪選挙区は「わたなべ結」、比例は「日本共産党」にご支援をお願いします!

c0121545_1204098.jpg


 

 
[PR]
# by sarage | 2016-06-28 01:35 | 政治 | Comments(0)

これで待機児童解消?! 公立幼児園を認定こども園に移行

 梅雨ですね。
 ただいま、6月議会の真っ最中、参議院選挙も目前で大忙しです!

 先週は、都市環境福祉常任委員会が開かれ、公立幼児園3園を「(公立の)幼保連携型認定こども園」に移行する市の提案などについて、審議を行いました。

 市は、認定こども園にすることで、「待機児童解消の取り組みにつなげる」と説明しましたが、資料をよくよく見ると、次々に疑問が・・・!
 認定こども園に移行後は、保育所部分の定員を3園で59名分(0歳13名、1~3歳で29名、4・5歳で17名)拡大するとの市の説明。ところが、現在の入所人数を見ると、すでに定員を超えて受け入れている人数が1~3歳で27名います。また、0歳児も、昨年度末では定員を11名超えて受け入れていました。・・・となると、待機児童の多い0~3歳児については、現在も定員以上に受け入れている人数を、新しい「定員」として決めるだけで、実際に入所できる人数はほとんど変わらないことになります。
 
 これでは、待機児童の解消につながることは期待できないし、市長戦略では、認定こども園にしたうえで1園を民営化する方針が出されていることから、今回の認定こども園への移行には反対しました。

 ただ、前進する面もあります。公立の幼稚園部分(認定こども園の1号認定)の3年保育が始まることです。
来年度、3歳児があまだみや5名、あさひ15名、くらやま13名が募集される予定です。「公立も3年保育をしてほしい!」という長年の保護者の要望にこたえる前進です。また、預かり保育も夕方5時まで拡充し、夏休み等の預かり保育も来年度から実施するとのことです。
 しかしながら、公立幼稚園の保育料はこれまで一律月8000円でしたが、認定こども園になると所得に応じて、最高で約2万円程度にまで上がる保育料になることは問題です(市民税所得割非課税の世帯は無料)。

 まだまだ書きたいことがありますが、ひきつづき一般質問がありますので、続きはまた今度・・・。


 
[PR]
# by sarage | 2016-06-12 17:26 | 子育て | Comments(0)

もうすぐ6月議会

 6月議会が6月6日から始まります。
 今日、議会運営委員会で議案が提示されました。

 まだ、ざっとしか議案書に目を通していませんが、公立幼児園3園を「認定こども園」にする条例や、交野病院にたいする訴訟の提起など、難しい議案がたくさん。どうすることが、一番市民のためになるのか・・・しっかり検討したいと思います。

 3月議会から、「交野市議会」のホームページで本会議、一般質問の様子を録画で見ることができます。ぜひ一度のぞいてみてください。

 
 *6月議会を前に、英気を養おうと(?)、ママ友と山田池公園の花しょうぶ園にちょこっと行ってきました。130種類もあるという花しょうぶは、色や形がそれぞれ個性的で、どの花も魅力的でした。
c0121545_22314225.jpg

[PR]
# by sarage | 2016-05-30 22:47 | 日記 | Comments(0)

利用しやすい公共交通を! 富山市を視察

 昨日・今日の2日間、市議会の都市環境福祉常任委員会で黒部市、富山市に視察に行ってきました。富山市では、「公共交通を軸としたコンパクトなまちづくり」を基本方向として、市役所の都市計画、教育、健康、介護など、様々な分野が連携して取り組んでいる様子を詳しく説明していただきました。

印象に残ったのは、電車、バスなどの公共交通は、「便利でなければ利用してもらえない!」と利便性の向上に徹底して取り組んでこられたこと(便数を増やす、接続を便利にする、駐車場の整備、お得な「おでかけ定期券」の発行など)。交野の京阪バスや、ゆうゆうバスも、もっと増やしてほしいという要望が多い一方、あまり乗っていない時間帯もある、との声を聞くこともありますが、やっぱり、あんまり不便だと、利用しにくいですよね。

 説明のあと少し時間があったので、富山ライトレール(新型の路面電車)に乗ってみました。低床でのりやすく、電車との乗り継ぎもしやすいようにと、JR富山駅の駅構内までライトレールが乗り込んでいるのにはびっくりしました。
c0121545_2217391.jpg

 高齢化がすすむなか、利用しやすい公共交通のあり方とまちづくりについて、交野でできることをしっかり考える機会にしたいと思います。
[PR]
# by sarage | 2016-05-19 22:59 | 活動記録 | Comments(0)

わたなべ結さん、交野で訴え。

 7月の参議院選挙まで2ヶ月。
 
 昨日、ゆうゆうセンターで「日本共産党交野演説会」を行い、わたなべ結さん、たつみコータロー参議院議員などが「くらし・憲法を大切にする政治へ!」と熱く訴えました。

 わたなべ結さんは、いつもまっすぐな目で、出会った人たちの願いや怒りを心に刻み、一人ひとりを大切にする政治に変えようと訴える言葉が、心に響きます。
 必ず、国会に送り出したい!

c0121545_133374.jpg

 
[PR]
# by sarage | 2016-05-09 01:38 | 政治 | Comments(0)

星田北2丁目地区・・・複合型商業施設の計画

 連休中、いかがお過ごしでしょうか。
 私は、家の片付けと衣替えぐらいは済ませたいと思っているのですが・・・。

 さて、だいぶ前になってしまいましたが、4月3日に、星田北2丁目地区の地区計画について、開発予定者による住民説明会の案内チラシが入っていたので、参加してきました。

 開発予定者の京阪電鉄不動産の説明によると、星田北2丁目の、藤が尾小学校の東側から天野川までの約6ヘクタールの農地で、複合型商業施設(ホームセンター、スーパーマーケットなど、駐車場1300台)を計画しているとのこと。開発者としては、たとえば回転寿司・喫茶・ドラッグストアなど、人の集まる店舗もあわせて呼び込みたい、との説明。今後、交野市に都市計画の提案を行い、都市計画決定されれば、来年(平成29年)秋頃オープンをめざしている、とのことでした。(星田北の第二京阪道路沿道で計画されている大型商業施設とは別の場所です。)

 この場所は、藤が尾小学校に隣接する地域であり、児童をはじめ歩行者や自転車の交通安全の対策が求められます。説明会の参加者からは、「歩道はできるのか」「近隣でも大型店の出店が相次いでいるが、やっていけるのか。ゴーストタウンになったら困る」など、様々な意見や質問が出されていました。

 交野の農地がまた減って開発へ――農地は残してほしいけれど、農業の後継ぎが減っているなかで、どうすれば農地を守れるのか・・・難しい課題です。
 *写真はわかりにくいですが、手前のJR線路側から見て、左端の藤が尾小学校、右端の天野川緑地に挟まれた地域が地区計画の予定地です。

c0121545_0382410.jpg

 

 
[PR]
# by sarage | 2016-05-01 00:52 | 地域の話題 | Comments(1)

被災地に、願いをこめて

 熊本県を中心とする地震の発生から1週間が過ぎ、なお余震が続くなか、熊本県では9万人近くの方々が避難生活を送っておられます。

 昨日は、後援会のみなさんと星田駅で救援募金に取り組みました。

 丁寧に「お願いします」と言って箱に入れてくださる方、「少ないけど・・・」と恥ずかしそうに小銭を出してくれる高校生など、少しでも被災者の力になりたいというみなさんの思いがいっぱいに伝わってきました。
 お預かりした募金は日本共産党が責任を持って、被災地へお届けします。


 夕方、私市の「星の里いわふね」の前を通ると、こいのぼりが元気に泳いでいました。
 被災地の子どもたちにも、元気で遊べる日が一日も早くもどりますように!

c0121545_10563638.jpg

 
 
[PR]
# by sarage | 2016-04-23 11:01 | 活動記録 | Comments(0)

春の日に・・・父と母のこと

 入園式、入学式、満開の桜の下でのお花見、と春らんまんの年度始めです。

 私事では、母が3月末で退職し、兄・妹一家も大集合して、「ごくろうさま会」をしました。
 母は、戦後生まれの70歳。保育園の保育士として50年間(!)働いてきました。
 時々、保護者のお母さんが出産などで大変なときに、保育園の子どもを家に連れて帰って、預かったり。70歳になっても、子どもたちと山へ海へ・・・とにかくパワフルな母です。

 その「ごくろうさま会」の席で、父が突然、なまのサツマイモを取り出し、切り始めました。
 不審がる私たちに、父が子どものころの話を・・・。

 戦争中の昭和19年ごろ、住んでいた大阪で空襲がはじまり、田舎の広島に疎開することになった。大阪から広島に、家族でなんとかたどり着いたけど、食べ物もなく疲れ切ったとき、畑にあった1本のサツマイモを、家族で切り分けて食べた、その味が忘れられない。戦争の苦しさを、決して忘れないという意味で、このイモを、孫たちにも食べてほしいと思って持ってきた、ということでした。

 子どもたちが、平和のなかで、すこやかに育つ社会に――父と母の願いをしみじみ胸に刻みました。
c0121545_133166.png

 

 
[PR]
# by sarage | 2016-04-11 01:35 | 日記 | Comments(0)

星田駅前の駐車場 

 星田駅前の駐車場は、3月末で事業者が入れ替わるため、一時閉鎖されています。
 多くの方から「駐車場なくなるの?」と聞かれるので、市の担当課に確認したところ、新しい事業者が4月5日ごろからオープンする予定だということです。

 これまでは、「30分まで50円」ということで、駅前の銀行や買い物の際にちょこっと利用しやすかったのですが、新しい事業者ではこの料金設定はなくなるそうで残念。
 この場所は、市有地を貸し付けて駐車場を設置していますので、なるべく市民に利用しやすく、駅前の安全にも配慮した運営をしてほしいと思います。

 さて、いよいよ年度末。3月議会も終わり、市役所も多くの方が定年退職されます。
 これまで色々教えていただき、率直に意見も言いあえた職員の方が退職されるのは寂しいですが、お世話になりありがとうございました。
[PR]
# by sarage | 2016-03-30 01:14 | Comments(0)

安心して預けられる保育所を!

 3月議会も最終日を残すのみとなりました。
 
 交野でも、「保育園落ちた」という待機児童が、先週の予算委員会の時点で約60人も残っています。私たち日本共産党の市会議員団にも、「仕事をやめなければいけないのか」「交野に引っ越してきたことを後悔しそうです」など、たくさんの声が寄せられています。

 待機児童の早急な対策が求められていますが、親としては、子どもを預けられれば、どんなところでもいいというわけにはいきません。やっぱり安心して預けられる保育士さんがいて、子どもが元気で通ってくれなければ安心して仕事もできません。

 ところが、国の待機児童対策といえば、「定員以上に受け入れられるようにする」とか、「保育士の配置の要件を緩和する」ものばかり・・・。

 先週の常任委員会では、小規模保育所等の保育士の配置要件を緩和する条例改正の審議がありました。その内容は、必要な保育士資格者のうち1人は准看護師でもよいことにすること、保育士はいつでも最低2人以上配置する必要があるものを、朝夕などの子どもが少ない時間は部分的に、研修を受けた者、幼稚園教諭、小学校教諭の資格者を、保育士とみなすこと、などです。(日本共産党は反対しました)

 保育所で働いていた藤田議員に、「朝夕の子どもの数が少ないときは、保育士1人でもなんとかなりそう?」と意見を聞いてみると、「朝夕の子どもをなめたらあきませんよ(笑) 朝は親と離れて泣く子、夕方はお迎えが来てはしゃぐ子、お母さんへの連絡など大変です」とのこと。説得力ありますね。

 国会では先週、日本共産党など野党5党が、保育士の給与を月額5万円引き上げる保育士処遇改善法案を衆議院に共同提出しました。国と自治体の責任で、安心して預けられる保育所を!
[PR]
# by sarage | 2016-03-27 23:35 | 子育て | Comments(6)