ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 山ナリエ☆ 最終回

 週末は、交野市民まつりや農業祭りなどが、にぎやかに開催。
 今日は一日雨のなか、お疲れ様でした。
 私も2日間、食べ歩いたり、お花を買ったり、スーパーボールすくいまで楽しみました(笑)

 夜は、星田山手イルミネーション「山ナリエ」の点灯式。
 今年で第20回目となるのを区切りに、地域のイベントとしては今年で終了されるそうです。
 地域でも高年齢者が増えて、飾りつけの作業がだんだん大変になってきたためとのこと。

c0121545_23253861.jpg


 山ナリエといえば、長男が赤ちゃんのとき、夜泣きがひどくて、毎晩山ナリエに連れて行って寝かしつけたことを思い出します。
 点灯式は毎年手作りのお料理で、パワフルな星田山手のみなさんの手品に演奏、笑顔の会話にと、私もたくさんの思い出をいただきました。
 
 今日から12月末日まで、見納めの山ナリエ、楽しみたいと思います!



 

 
[PR]
by sarage | 2016-11-27 23:30 | 地域の話題 | Comments(0)

秋の一日

 気持ちのいい秋晴れの一日。

 朝は、星田会館の耐震化工事完了のお披露目。
 区長さんが、「リニューアルした星田会館を、防災とともに、文化や福祉の拠点に、地域に利用される会館にしたい」とご挨拶。本当にそうですね!
c0121545_21333825.jpg


 続いて、星田山手の文化祭にお邪魔しました。
 絵画、写真、陶芸から木彫りの仏像まで!みなさんの力作に目を見はります。
c0121545_21411342.jpg


 そして、健康福祉フェスティバルへ。
 今年は天気も良く、私が着いたころには、売り切れの出店も多数。
 
 あちこちの木々の紅葉も美しく、秋の一日を満喫しました!


 
 
[PR]
by sarage | 2016-11-13 21:49 | 日記 | Comments(0)

疑問だらけの「市立幼児園民営化検討委員会」

 10月31日に、公立幼児園の1園民営化についての検討委員会(第1回)が開催されました。この検討委員会は、当初は学識経験者や保護者なども委員として参加する検討会にすると言っていたのに、市役所の庁内検討委員会に変更され、学識経験者や保護者等は外部アドバイザーとして意見を聞く方式に変えられてしまいました。それも納得できませんが、検討委員会の進め方についても、疑問だらけです。
 
 なんでだろう①・・・当日は12名の傍聴希望がありましたが、傍聴の定員は5名。抽選で外れた人は、別室で音声だけでも聞けるようにしてほしいと要望しましたが、「できない」の一言。私も抽選でハズレ、傍聴できませんでした。
 他市ではどう対応しているのか、気になって少し調べてみたら、吹田市の「公立保育所民営化庁内検討会議」の議事録(平成25年9月)では、傍聴希望者が90名あり、傍聴定員は原則10名であるが、会場に63席を設けることが可能であったため、定員を63名とし、抽選に外れた方は別室で音声のみで傍聴いただく、とありました。常識的な対応ですね。
 せめて、音声だけでも聞けるようにすべきだと思います。

 なんでだろう②・・・検討委員会で、公立と民間の障がい児の受け入れ状況、運営費用の比較などの説明があり、質疑応答がされていました。しかし、その説明の資料は、事前には委員さん等に配布されず、その場で配られた様子でした。急に配られた資料では、意見も言いにくいでしょう。子ども・子育て会議でも、「事前に資料を配ってほしい」と意見が出ていたのに。

 なんでだろう③・・・この委員会の設置目的は「市立幼児園の民営化を円滑に実施するため」とされています。公立幼児園を民営化することそのものが、交野の子育てにとってどうなのか、というそもそもの議論は抜きにして、「どうすすめるか」だけを議論するのはおかしいと思います。私は、こんなやり方では市民の理解は得られないと、10月の決算委員会でも意見を述べました。



 
[PR]
by sarage | 2016-11-07 02:16 | 子育て | Comments(0)

すてき! 能登川図書館を見学

 9月議会と、連続する10月の決算委員会で疲れて、ブログの更新がすっかり後回しになってしまいました・・・。日々、悩んだり反省したり、発見や感動、お伝えしたいことなどたくさんあって、こまめに発信できればよいのですが(^^;


 さて先日は、交野に閉じこもってばかりでなく、他市のよい取り組みを見に行こう!と、「民主市政をつくる会」のみなさんと、東近江市の能登川図書館の見学に出かけてきました。

c0121545_2339416.jpg

 子どもの本のコーナーの広いこと!子どもの目線に、絵本がずらりと並び、見ているだけでわくわくします。幼稚園帰りの子どもたちが、本を何冊もかかえて、楽しそうに本を選んでいました。

 館内で本や新聞を読めるスペースもゆったり。ソファーや和室まであって。利用者がゆったりと自分の居場所を確保できるよう、工夫されているそうです。

c0121545_23392525.jpg

 書架に並んでいる本は、読みたい本がたくさん!子ども子育て支援新制度の解説本や、安倍政権の教育政策など、いま読みたい本がたくさんあるのに感心しました。日々、本の貸し借りで利用者と接している司書だからこそ、市民のニーズに応える本を選ぶことができる、という館長さんのお話が印象的でした。

 こんなすてきな図書館だったら、それだけで近くに住んでみたいと思ってしまう図書館でした。 さあ、交野の図書館はどうする??それが大問題!
 


 
[PR]
by sarage | 2016-11-06 23:46 | 日記 | Comments(0)