ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

星田駅前の駐車場 

 星田駅前の駐車場は、3月末で事業者が入れ替わるため、一時閉鎖されています。
 多くの方から「駐車場なくなるの?」と聞かれるので、市の担当課に確認したところ、新しい事業者が4月5日ごろからオープンする予定だということです。

 これまでは、「30分まで50円」ということで、駅前の銀行や買い物の際にちょこっと利用しやすかったのですが、新しい事業者ではこの料金設定はなくなるそうで残念。
 この場所は、市有地を貸し付けて駐車場を設置していますので、なるべく市民に利用しやすく、駅前の安全にも配慮した運営をしてほしいと思います。

 さて、いよいよ年度末。3月議会も終わり、市役所も多くの方が定年退職されます。
 これまで色々教えていただき、率直に意見も言いあえた職員の方が退職されるのは寂しいですが、お世話になりありがとうございました。
[PR]
by sarage | 2016-03-30 01:14 | Comments(0)

安心して預けられる保育所を!

 3月議会も最終日を残すのみとなりました。
 
 交野でも、「保育園落ちた」という待機児童が、先週の予算委員会の時点で約60人も残っています。私たち日本共産党の市会議員団にも、「仕事をやめなければいけないのか」「交野に引っ越してきたことを後悔しそうです」など、たくさんの声が寄せられています。

 待機児童の早急な対策が求められていますが、親としては、子どもを預けられれば、どんなところでもいいというわけにはいきません。やっぱり安心して預けられる保育士さんがいて、子どもが元気で通ってくれなければ安心して仕事もできません。

 ところが、国の待機児童対策といえば、「定員以上に受け入れられるようにする」とか、「保育士の配置の要件を緩和する」ものばかり・・・。

 先週の常任委員会では、小規模保育所等の保育士の配置要件を緩和する条例改正の審議がありました。その内容は、必要な保育士資格者のうち1人は准看護師でもよいことにすること、保育士はいつでも最低2人以上配置する必要があるものを、朝夕などの子どもが少ない時間は部分的に、研修を受けた者、幼稚園教諭、小学校教諭の資格者を、保育士とみなすこと、などです。(日本共産党は反対しました)

 保育所で働いていた藤田議員に、「朝夕の子どもの数が少ないときは、保育士1人でもなんとかなりそう?」と意見を聞いてみると、「朝夕の子どもをなめたらあきませんよ(笑) 朝は親と離れて泣く子、夕方はお迎えが来てはしゃぐ子、お母さんへの連絡など大変です」とのこと。説得力ありますね。

 国会では先週、日本共産党など野党5党が、保育士の給与を月額5万円引き上げる保育士処遇改善法案を衆議院に共同提出しました。国と自治体の責任で、安心して預けられる保育所を!
[PR]
by sarage | 2016-03-27 23:35 | 子育て | Comments(6)

元気を出して・・・

 後援会で、いつも支えてくださっていた方が急に亡くなられ、今週は涙目の私でしたが、そろそろ元気を出してがんばらないといけませんね。

 3月議会の一般質問では、①星田北・駅北の土地区画整理事業について、②星田地域の図書館の充実について、③廃プラの処理について、の3点をとりあげました。内容は順次報告させていただきます。

 先週は、7月の参議院選挙にむけて、日本共産党・わたなべ結の「ゆいワゴン」が交野に初登場。3人の市会議員団そろって、はなやかに(?)「力を合わせて、戦争法廃止、くらしと憲法守る政治にがんばります」と訴えました。
c0121545_114762.png

 そうそう、以前のブログでも書いた、妙見口交差点のポールが、ガードレールのような形態に改善されました。ポールにかかっているチェーンが夜間見えにくく、自転車で引っかかって転倒した、との声があり、改善を要望していました。ご近所の方からも、「今度ははっきり見えるようになったね」と好評でした♪
c0121545_1134984.jpg

[PR]
by sarage | 2016-03-18 11:14 | 活動記録 | Comments(0)

枚方支援学校 第1回卒業式

 東日本大震災、福島原発事故から5年となりました。

 今日は、昨年4月に開校した「枚方支援学校」(枚方市・交野市の知的障がいの子どもたちが通っています)の第1回卒業式に、来賓として参加させていただきました。卒業生は小学部14名、中学部37名です。

 1人1人、自分の力で、卒業証書をもらいに行く子どもたちの個性が輝いていること!
 校長先生が、「いつも自分らしく、笑顔でいられるように、応援しています。」と式辞を述べられました。
 どの子も自分らしく、笑顔で過ごせるように、私たちもがんばろう!と力をもらって帰ってきました。
c0121545_2113432.jpg

 
[PR]
by sarage | 2016-03-11 21:21 | 活動記録 | Comments(0)