ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春日野部屋がやって来た!

  今年も、大相撲の春日野部屋が、星田にやってきました!
    (これから春場所の間、星田会館で宿泊・稽古をされます。)
 
c0121545_2333460.jpg

  今日、「春日野部屋を励ます会」が盛大に開催され、大いに盛り上がりました。
  力士たちの活躍に注目です!
  大相撲好きの父と、朝の稽古を見に行きたいな~♪
[PR]
by sarage | 2012-02-26 23:42 | 地域の話題 | Comments(0)

増え続けるペットボトルごみ

 廃プラスチックの分別・収集の開始から、早いもので、4年が過ぎました。
 
 私は今年はじめて、4市共同の廃プラ処理施設(北河内4市リサイクル施設)の議会の議員に選出されています(交野市議会からは2名)。
 
 24日に、組合議会があり、質問の準備であたふたしてました。

 私は以前から、①プラごみの分別収集を熱心にしているが、プラごみの総量を減らす取り組みが不十分なのでは? ②収集した廃プラは、実際にどの程度リサイクルされているのか?と疑問を感じていましたので、今回は主にこの点を質問しました。

 この3年間の4市の廃プラごみの量について質問したところ、ペットボトルごみの量が年々増え、平成21年度525トン、22年度548トン、23年度はさらに増加傾向、24年度は603トンにまで増える見込みであるとの答弁でした。
 「プラごみも、分別収集さえすれば、環境に良い」と錯覚をおこしがちですが、使い捨ての容器を大量に作って、捨てていくことを改め、ごみの発生を抑えていく取り組みをもっと強めることが必要ではないでしょうか。

 しかも、現在、収集した廃プラ(ペットボトルを除く)の半分以下しか、パレットなどの商品にリサイクルされていません。(残りは固形燃料などで、結局燃やすことに)。
 
 廃プラの材料リサイクルは、効率も悪く、多額の費用がかかり、さらにリサイクルの過程で環境や健康への影響も生み出すことから、見直しが必要ではないかと、意見を述べました。が、質問と答弁がかみ合わず疲れました・・・。
 
 
[PR]
by sarage | 2012-02-26 22:30 | 市政・議会 | Comments(0)

放射線量の測定会に参加

 毎日毎日、いろいろな出来事があって、あっという間に2月ももう半ば。
 市会議員の仕事は、あれもこれもと、本当に何でもありで、奥が深いな~と思います。

 先週10日には、交野革新懇(進歩と革新をめざす交野の会)が、交野市内で放射線量の測定を行い、私も参加させてもらいました。
c0121545_1462187.jpg

 
 ガンマ線を測る測定器で、妙見東中央公園では0.11マイクロシーベルト/時、藤が尾Aコープ近くの公社前では0.07マイクロシーベルト/時でした。
 (国の除染の対象は0.23マイクロシーベルト)

 生駒山は花崗岩でできているため、天然の放射線量が高めで、交野では、現在のところ福島原発事故の影響は見られない、との説明でした。
 交野でも、日常的な放射線量を把握しておくことで、万一の際(あってはなりませんが)に、数値を比較することができます。

 
[PR]
by sarage | 2012-02-13 02:13 | 日記 | Comments(0)