ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

議員定数は継続審査に/交通専従員についての申し入れ

 今日、総務文教常任委員会が開かれ、継続審査となっていた「議員定数の削減」などについて、引き続き議論が行われました。
 私は、議員の定数を減らすことは、市民の声が市政に届きにくくなること、行政を監視する機能を弱めることにつながることから、定数削減には反対の立場ですが、「議員の数は、何を基準に決めるべきなのか??」と言われると、正直まだ自分なりの考えがまとまらず・・・難しいです。
 他の委員から、「どれぐらいの定数が適当なのか、一定の考え方が必要では」「事前に、議会改革特別委員会で議論すべきだったのでは」などの意見が出され、引き続き、継続審査と決まりました。
 
 また、交通専従員について、12月議会で各会派が「廃止の時期の延期を」と求めましたが、市として方針の変更も見られないことから、改めて、総務文教常任委員会の委員長名で、「交通専従員廃止時期の延長を求める申し入れ」を、市長と教育長あてに行うことに決まりました。

 次回の委員会は、2月16日(水)に開催されます。
[PR]
by sarage | 2011-01-24 22:08 | 市政・議会 | Comments(0)

パチンコ店裁判 次回公判は1月25日

先週、「星田駅前パチンコ店出店に反対する会」のニュースが、各議員のポストに届けられていました。

 近隣住民のみなさんが、パチンコ店の営業許可の取り消しなどを求めている裁判で、次回公判が1月25日(火)10時半から行われるということです。大阪地方裁判所本館806号にて。どなたでも傍聴でき、終了後、担当弁護士さんより説明会があるそうです。

 この問題は、交野のまちづくりに関わる問題として、多くの市民が関心を持ち続けることが大事だと思います。

 ニュースのなかでは、このパチンコ店の前が児童の通学路になっており、付近に交通専従員さんが配置されていることから、「これまで、多くのやさしい交通専従員さんが子供の安全を見守り、車や不審者から子供を守ってきてくれました。交通専従員さんの廃止で、子供の登下校、大丈夫ですか?」とも問題提起されています。
  
 
[PR]
by sarage | 2011-01-22 11:36 | パチンコ店問題 | Comments(0)

阪神・淡路大震災から16年

 昨日、1月17日で、阪神・淡路大震災から16年となりました。
 
 1995年の当時、まだ学生だった私は、西宮市の自宅で震災にあい、家具の下敷きに。幸い、家は倒れることもなく、けがもありませんでした。

 下は、しっかり者の妹が、記念に撮った震災直後の写真。私が寝ていた布団の上に、本棚や家具がいくつも倒れてきています。 
c0121545_23214322.jpg

 その後、被災地のボランティア活動に参加するなかで、被災者に手をさしのべようとしない冷たい政治に怒りを感じたことが、私の活動の原点ともなっています。

 震災後、結婚して交野にきて、もう14年となりますが、1月17日がくると、青年ボランティアの仲間と力を合わせて活動したことや、「人間を大切にする政治を」との初心を、あらためて思い返しています。

 
[PR]
by sarage | 2011-01-18 23:43 | 日記 | Comments(0)

どうする?!交通専従員

 「交通専従員さんを強引に廃止しないで」という多くの声を無視して、市は3月末の廃止を強行しようとしています。

 12月議会を傍聴に来てくださったPTAの方も、「あれだけ議会が延期をもとめて、PTAも要望書を出したのに、市がここまで無視するとは思いませんでした」と怒っておられました。
 怒りはおさまらないけれど、実際、この4月からどうするのか、PTAの役員のみなさんが、いま必死に相談を続けておられます。

 今日は、うちの息子の学校で、交通専従員が廃止された後はどうしていくのか、PTAの意見交換の場が持たれ、私も一保護者として参加してきました。
 そのなかでは、「地域のボランティアのみなさんや、校長先生が、毎朝子どもを見守ってくださっていることは本当にありがたく、保護者もできることはしなければと思ってはいるが、保護者だけでまわすのは実際難しい」 「朝の短時間なら、ボランティアで出てもいいですよ。保護者のボランティアを募集してみて、人数を見ながら考えてみたら」「子どもの命はお金にはかえられない。人を雇ってでも、配置をしてほしい」など、真剣な意見が多く出されていました。
 
 こんな話し合いを丁寧に重ねれば、なんとか方向も見えてくると思うのですが、なんといっても、あと2ヶ月で新しい体制を組まなければなりません。特に、PTA役員のみなさんは、日にちもないなかで、責任の重い判断を迫られ、大変だと思います。
 市の対応が遅れ、無茶なスケジュールを押し付けたことで、どれだけ現場のPTAのみなさんが混乱し、困っているのか・・・本当に、市は、こんな強引なやり方ですすめていいのでしょうか。
 

 
[PR]
by sarage | 2011-01-15 22:57 | 市政・議会 | Comments(0)

子宮頸がんワクチン

近年、若い女性での発症が増えていると言われる子宮頸がん。
予防のためのワクチン接種は、3回接種が必要で、費用は5万円近くかかります。

 中学生のお姉ちゃんがいる方などから、「他市のように、交野でも早く、接種費用を助成してほしい」との声をよくお聞きします。
 国が、子宮頸がん・ヒブワクチン・小児肺炎球菌ワクチン接種に助成を行う自治体に、助成額の2分の1を国が負担することを決めたことで、交野市でも、ワクチン接種の助成にむけて、検討がすすめられています。
 お隣の枚方市では、全額公費負担、本人は無料で受けられるそうです。交野でも、ぜひ無料で受けられるような制度を期待したいと思います。

 一方、この間、ある方から、「子宮頸がんワクチンは安全だと思えない。しっかり調べてほしい」とご意見をいただきました。専門的なことまでは判断できませんが、一度きちんと勉強してみなければと思っています。
[PR]
by sarage | 2011-01-15 21:27 | 市政・議会 | Comments(0)

第二京阪道路と星田高田線の交差点で事故

 市道星田高田線が、第二京阪道路の副道と交差する場所では、以前から、出会い頭の事故があいつぎ、私も改善を要望してきました(昨年8月28日のブログ参照)。

 市から事業者に改善を要望し、昨年の夏には、副道に「交差点注意」の路面標示を行うなどの対策を実施。さらに、昨年末、カーブミラーが設置され、利用者から「これで安心して通行できるようになった」と喜びの声も出されていました。
c0121545_23344396.jpg

 ところが!
そのカーブミラーが設置された直後の12月27日、ワゴン車などが出会い頭に衝突する大きな事故があったそうです。事故を目撃された方が連絡をくださいました。
 せっかくカーブミラーが設置されたのに、ドライバーが十分に安全確認を行わず、事故に至ったことは大変残念です。
 同時に、連絡を下さった方は、「やはり、信号が必要だと思います。」と言われていました。

 年が明けてから、市の担当課に話を聞き、信号設置の要望も伝えましたが、「要望があったことは警察などにも伝えていきますが、交通量がそれほど多くないことなどから、なかなか難しいと思います。」とのことでした。
 すぐには信号設置が難しいとしても、ドライバーに注意を促すような対策をさらにすすめてほしい、と要望をしておきました。



 
[PR]
by sarage | 2011-01-10 23:30 | 地域の話題 | Comments(0)

明けましておめでとうございます!

 ごあいさつが遅くなってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます!
 今年も、市民のみなさんの身近な相談相手として、市民の声を市政に届けて、がんばります!
 
 お正月は、久しぶりにゆっくり家族で過ごしました。
 
 元日は、西宮の実家で、妹の赤ちゃん、兄の赤ちゃんのかわいさに癒され、
 2日は、枚方の夫の実家で、お兄さん一家と集合し、ボーリングへ。
 3日は、新春互礼会で市関係者の皆さんに新年のご挨拶をした後、実家の母と子どもを連れて獅子窟寺に初詣に行ってきました。
 
c0121545_23553388.jpg

 12月に行ったときは拝観できなかった国宝・薬師如来像が(大阪府下で国宝になっている仏像は4件しかないそうです)、正月の三ヶ日は公開されているということで、しっかりと拝んできました。

 今年が、自分にとっても、市民にとっても、良い年になるよう、がんばります!
 本年もどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by sarage | 2011-01-05 00:09 | 日記 | Comments(0)