ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

廃プラ裁判報告会

 日曜日、「廃プラ処理による公害から健康と環境を守る会」の主催で、廃プラ裁判の報告がありました。運転に自信のない私は、会場の寝屋川市民会館まで行けるか不安でしたが、無事到着してホッ。

会場の大ホールいっぱいに、500人以上集まったのではないでしょうか。

c0121545_823244.jpg


 さて、交野市も組合加入している、4市の廃プラリサイクル工場と、それを再商品化する民間工場から排出される空気によって、周辺に「寝屋川病」といわれる健康被害が広がっている問題で、住民側が控訴をおこない、高等裁判所での公判がおこなわれています。

 昨日の報告のなかでは、2つの廃プラ工場が、窪地の底に建っているため、空気が拡散しにくく、有毒物質が地を這うように周辺住宅街に到達するという地形上の特徴についての、研究結果などが発表されました。
 実際に煙を炊いて実験したところ、煙は上方に広がっていかず、どんよりと固まった状態で、住宅街のほうに流れていく様子が写真で写し出されていました。

 なぜ、わざわざこんな場所に工場をたてたのか、本当に建てる必要があったのか、と4市の行政に対しても厳しい意見が出されていました。
 交野市としても、廃プラのリサイクルを、周辺住民に健康被害を広げながら、このままの形で続けていいのか、真剣な議論が必要だとあらためて感じました。
 
 
[PR]
by sarage | 2009-09-28 08:20 | 市政・議会 | Comments(0)

星田北パチンコ店につき 審議会の様子は

 ばたばたとしていて、報告が遅くなってしまいましたが、星田北5丁目のパチンコ店(北側の工場跡地)の建設計画について、9月15日、社会環境・教育環境保全審議会が開かれ、私も傍聴に行ってきました。

 交野市の条例では、パチンコ店の禁止区域ではないところでも、市長が「同意」か「不同意」かを決めること、その前に、市長は審議会の意見を聞かなければならない、と決められています。

 この「同意」か「不同意」かの方向性を出す、重要な審議会ですが、5時開始→まず現場を視察へ→5時50分 審議を開始 →6時15分 終了、とずいぶんあっさりと終わってしまいました。

 何人かの委員さんから、「前回、日産の跡地で申請をしたのは、いきなり大きな計画を出すと反発もあるので、まずは交野市の出方を見ようというダミーだったのではないか。」と、感情的には業者のやり方に不満を感じるが、「禁止区域に該当しない以上、拒むことはできない」という、結論先にありきの会議になっている印象でした。結局、「建築にあたって、市が厳しい行政指導、条件をつけてほしい」という、前回と同じような答申になりそうです。

 私は傍聴していて、ずいぶん、やすやすと、大きなパチンコ店を認めてしまうんやな~と不満でした。これまで、市も住民も、交野にパチンコ店はいらない、という強い思いで進出をおさえてきたはずなのに・・・・。
 特に、準工業地域とはいえ、近年新しい住宅街も増えて、マンションもたっている、周辺の住民への影響については、ほとんど議論がなく、これでいいのか、疑問に思いました。
 これから、この会議での議論をもとに、審議会が答申を出し、それをもとに、市長が「同意」か「不同意」かを判断することになります。
[PR]
by sarage | 2009-09-27 00:10 | パチンコ店問題 | Comments(0)

一般質問が終わりました

9月議会の私の一般質問も終わり、ひとまずホッとしています。

 日本共産党は、①市の財政健全化計画案について、②パチンコ店出店について、③新型インフルエンザについて、質問しました。

 持ち時間は、共産党の3人分あわせて45分。財政健全化計画案については、3人で分担して、財政問題や、ゆうゆうバスの問題、就学援助制度の改悪について、などなど質問しましたが、それぞれ質問に熱が入って、だんだん残り時間が減ってきて、②のパチンコ店の話に入ったときは、もう残り「6分」。用意していた質問を全部できず、残念でした。傍聴してくださった方には分かりにくかったかも・・・すみません。
 
 短い時間でしたが、星田北5丁目のパチンコ店については、近々市長が「同意」か「不同意」を決めることになるので、「市として、地元住民の意見をしっかり聞く場は持ったうえで、判断するべきだ」と求めました。(市としては、地元住民の意見を聞くつもりはないようで、審議会の意見を聞けば十分だというかんじの答弁でした)

 星田駅前のパチンコ店については、近隣住民のみなさんによる仮処分申立てなどの活動に、市として可能な支援をおこなうこと、また今後の見通しとして、交野市の条例をより実効性のあるものに改正できるのかなどを調査する研究会をたちあげていくこと、地方自治体の条例が尊重されるよう、国や府に法改正を求めていくこと、を要望しました。

 そのほか、私は、就学援助制度の改悪についてと、斎場(火葬場)使用料の補助の廃止について、質問しましたが、長くなりますので、また欄を改めて報告します!
[PR]
by sarage | 2009-09-26 07:30 | パチンコ店問題 | Comments(0)

続・星田北パチンコ店

 星田駅前の条例違反のパチンコ店とは別に、星田北5丁目の日産自動車跡地で、パチンコ店の出店計画があることは、これまでもお知らせしてきましたが、今度は、いよいよ、さらにその日産跡地の裏手につながる広大な空地部分に拡大して、パチンコ店建築の届出が出されてきました。

 今回届出のあった星田北5丁目のパチンコ店は、敷地面積7794㎡に、2階建てのパチンコ棟、5階建ての立体駐車場という大変大規模な計画になっています。 

 この場所は、準工業地域で、交野市の条例に違反する地域ではありませんが、周辺には、近年新しい住宅地も増え、100戸ほどのマンションも近接しています。周辺住民のみなさんは、住環境の悪化を大変心配されています。
 交野市としては、今後、「社会環境・教育環境保全審議会」(市内の教育関係者、弁護士等のメンバー)を開いて意見を聞き、最終的に市長が「同意」か「不同意」かを決めることになります。

 「社会環境・教育環境保全審議会」は、9月15日(火)、午後5時から、市役所別館の中会議室で開催されます。どなたでも、傍聴できます(当日、直接会場まで)。


 
[PR]
by sarage | 2009-09-11 21:00 | パチンコ店問題 | Comments(0)

総選挙、日本共産党は9議席で現状維持

 長かった衆議院選挙が終わりました。

 日本共産党は、現有の9議席を獲得。正直なところ、もう少し伸ばしたかったのですが、周りの方には、「現状維持でも、減らなくてよかった。これからが共産党の出番やで!」と励ましてもらっています。
 
 交野では、比例代表で「日本共産党」と書いてくださった方が、前回より555人も増えました。全国では、494万人もの方が、日本共産党に投票してくださった、その一票一票に込められた願いの重みを感じています。
 応援してくださった皆さん、ありがとうございました!

 
 さて、選挙と同時に、長かった子どもたちの夏休みも終わり、2学期が始まりました。
 毎日のお弁当づくりから解放されて、私もやれやれです。学校給食よ、ありがとう。

 c0121545_150518.jpg

昨年、息子が学校で栽培していた「わた」の種を、我が家の植木鉢で育てていましたが、見事に「わた」ができました!綿の花が咲いて、実がはじけて綿が飛び出したときは、ちょっと感動しましたよ。

 もう秋なんですね。
 
 
 
[PR]
by sarage | 2009-09-02 01:43 | 政治 | Comments(0)