ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

息子が傍聴に来ましたが・・・

 本日、3月議会の最終日でした。私は、後期高齢者医療制度の反対討論、乳幼児医療費の助成を1歳ひきあげる条例改正の賛成討論など、5本の討論をおこない、不十分ながらも「できるだけのことはやった」と、ホッとしているところです。乳幼児医療費の助成ひきあげの提案は賛成は5人のみ(日本共産党の3名と栗原議員・坂本議員)で残念ながら否決されてしまいました。

 ところで、今日の議会が終わってから聞いたのですが、実は、夫が長男を連れて傍聴にきていたそうです。仕事が早く終わったので、気が向いて急に来たそうで、私は終わるまで全然気が付きませんでした。

 ・・というのも、数日前、長男がふと、「うちの家族で一番ラクをしているのは、お母さんや」というのです。よくよく聞くと、自分は学校のあと学童やし、弟は朝早くから保育園、お父さんは重い荷物運んだり大変な仕事。お母さんは、「さらがいふみです。よろしくお願いします。」と言ってるだけで(それは選挙中だけやっ!)ラクそうだと言うのです。 私もムキになって、「お母さんの仕事もけっこう大変なんやで~」と話して聞かせたのですが、どうも納得いかない様子。夫が、「またチャンスがあれば議会に連れていったるわ」と言っていたのです。

 ・・・で、傍聴にやってきた息子の感想ですが、間の悪いことに、私が5本目の討論を終えた直後に到着したらしく、「お母さんは、ただ座って話きいて、立ったり、座ったりしてただけやったやん!」と言われてしまいました(泣) 
 乳幼児医療費助成の討論では、子どものことも思い浮かべながら発言していただけに、ぜひ息子にも聞いてほしかったなあ。息子たちに尊敬してもらえるような仕事ができるようになるのは、まだまだ先のようです。
[PR]
by sarage | 2008-03-28 21:54 | 日記 | Comments(0)

子どもの医療費助成、1歳引き上げを提案

 準備に苦戦していた都市環境福祉常任委員会が終わり、やれやれです。4月から始まる後期高齢者医療制度、国民健康保険、下水道会計など、自分なりに問題だと思う点を中心に意見をまとめて、質問や討論をしてきました。

 さて、3月議会もいよいよ明日28日が最終日です。
私たち日本共産党の議員団として、乳幼児医療費の助成を、現在の4歳未満から5歳未満へと1歳ひきあげる条例改正の提案をしています。
 すでにお知らせした通り、昨年の12月議会で、「子どもの医療費を就学前まで助成を」の請願が不採択となってしまいました(12月21日のブログ参照)が、その時反対した議員のなかには、「1歳ひきあげならありうるが、いきなり就学前まであげるのは無理」という意見がいくつかありました。そこで、当面1歳だけでも助成の年齢を引き上げて、少しでも子育て支援をということで、今回の提案となりました。事前に、各会派に共同で提案することを申し入れましたが、どの会派からも賛同を得られませんでした。最終日の採決では、ぜひ可決されるように願います。

 財源の問題でいうと、今年の4月から国の医療制度改革で、市の負担してきた乳幼児医療費のうち約1000万円が軽減されます。さらに、昨日担当者に確認したところ、これまで乳幼児の助成1件につき300円を手数料として医療機関に支払っていた分(これ自体おかしな制度ですね~)が、20年度から廃止になるため、約1200万円分がいらなくなるそうです。
 助成を1歳ひきあげるのに必要な費用は1500万円。これさえもできないと言うなら、「子育て支援」を口にする資格はありません!
 3月議会最終日は明日28日(金)10時から、報告や請願など議案の採決がおこなわれます。日本共産党もたくさんの討論をおこないますので、ぜひ傍聴にお越しください。
[PR]
by sarage | 2008-03-27 04:16 | 子育て | Comments(0)

保育園と学童をハシゴ

 このところ、小学校・中学校、幼児園の卒業(卒園)式に出席させていただくことが続き、涙腺がゆるみっぱなしです。

c0121545_7395851.jpg 昨日は、次男の通う保育園で、卒園式と生活発表会がありました。担任の先生から卒園児一人ひとりに贈る言葉があり、とっても素敵な式でした。我が家の次男も、4月からいよいよ年長さんになり、保育園生活もあと一年です。
 生活発表会では、「ねずみのよめいり」の劇で、「雲」の役(写真右)でした。かわいいでしょう(笑)


 昼から、今度は長男の放課後児童会の卒会・入会式と保護者会の総会があり、そちらへ移動。かわいい一年生がたくさん入ってきました。長男も新4年生になり、児童会最後の年です。みんなでけん玉の技を披露して、拍手がわいていました。
 子どもの成長ってホント早いですね。そしてまた、たくさんの方に支えられて育つことを実感しています。親の私はなかなか進歩しませんが・・・気長にがんばります♪

 
 
[PR]
by sarage | 2008-03-23 07:40 | 日記 | Comments(0)

河内磐船駅 西側通路のバリアフリー化を!

 来週開かれる都市環境福祉常任委員会の準備などでバタバタとしています。特に、国民健康保険、介護保険、下水道会計・・・・などなど、はじめての分野に分からないことばかりで、頭がパニック状態です(**) 先輩議員の小林さんに、「こないだまで普通の主婦してたんやから、分からんで当たり前やで」と慰めてもらい、一から勉強中です。

 さて、3月議会に、森南の住民の方から、「市道森南17号線(JR河内磐船駅西側階段路)のバリアフリー化早期実現を求める請願」が出されています。
c0121545_2140431.jpg JR河内磐船の駅を出て、ゆうゆうセンターや関西スーパーなどの方向に向かうためには、線路下の急な階段通路を通らなくてはなりません。かろうじて通路の両側に細い自転車用の通路があるのですが、あまりにも急で、私も子どもを乗せていて危ない思いをしたことがあります。
車椅子やベビーカーなどはもちろん通ることはできません。
 
 私も先日あらためてこの場所を見に行ったのですが、わずかな間に、ベビーカーを押したお母さんが必死でかかえあげて上がったり、杖をついた方が下りるのに苦労されていました。
付近にはゆうゆうセンターをはじめ、整形外科や医療ビルなどもあり、一刻も早いバリアフリー化が求められています。

 この請願の採決は、3月議会の最終日28日に行われます。請願者の住民の方が全会派に申し入れをされたそうですが、私たち日本共産党の3人の議員しか紹介議員になっていませんん。他の議員のみなさんが、住民のみなさんの身近で切実な願いに、どのような態度をとるのか注目されます。
  
[PR]
by sarage | 2008-03-21 21:40 | 市政・議会 | Comments(0)

卒業式でもらい泣き

 今日は、自宅近くの第3中学校の卒業式に出席。地元なので知っている卒業生も多く、来賓なのに、すっかりもらい泣きしてしまいました。
 卒業生の答辞では、「お父さん、お母さん、ありがとうの一言がなかなか言えませんが、本当に感謝しています。」・・・と、こんなことを言われたら、親の苦労なんて吹きとんでしまいますよね。
 先生方からは心からの励ましの言葉、卒業生からは担任の先生へ精一杯の感謝の気持ちが届けられて、とってもすがすがしい卒業生の笑顔と涙でした。卒業する子どもたちが、どうかすばらしい人生を歩むことができますように!
 この調子では、自分の子どもの卒業式の時は(まだまだ先ですが)、きっと泣いてしまうだろうなぁ。
それにしても、「来賓」という立場にはまだまだ慣れません。座っているだけなのに肩がこりました。
 
[PR]
by sarage | 2008-03-14 21:10 | 日記 | Comments(0)

星の里いわふねのプラネタリウムが休館へ

 やっと春らしくなってきましたね。
 いま3月議会の真っ最中です。
 今回の一般質問では、私は廃プラのリサイクル施設の問題を中心にとりあげました(2月26日のブログ参照)。これまでは子育て支援のことを中心に取り上げてきたので、自分の思いも入れて発言しやすかったのですが、廃プラとなると全く知識がなく、一から必死で勉強・・・・苦労した分、環境問題の入り口だけはなんとか見えてきました。詳しくはまたニュースなどで報告させていただきます。
 
 さて、議会でバタバタしているうちに、残念なニュースがまわってきました。
星の里いわふねのプラネタリウムが、今年の6月をもって休館するというのです。

 このプラネタリウムは、1992年に「星のまち交野」を象徴する施設として建設され、市民やキャンプ客にも親しまれてきました。しかし、すでに耐用年数も過ぎて故障しがちになり、抜本的な修繕には7千万円、新機種購入には1億円以上が必要となるため、これ以上の継続を断念したとのことです。

 う~ん、たしかにこれだけの費用を捻出するのは厳しいのでしょうが、交野の魅力といえば、豊かな自然環境、星のまち、ということではないでしょうか。私も何度か子どもを連れてプラネタリウムを見に行ったことがありますが、こんなに身近に自然に囲まれたよい施設があることを嬉しく思っていたのです。

 また今後、野外活動センター(ほうじの里)についても廃止が検討されているといいます。財政が厳しいからと、なんでもなくしてしまっては、本当に何の魅力もない街になってしまいますよね。 「なんでも値上げ・切捨て」の路線に、なんとかストップをかけていきたいものです。
[PR]
by sarage | 2008-03-11 17:03 | 市政・議会 | Comments(1)

環境フェスタ in 交野

 昨日、星の里いわふねで開催された環境フェスタに家族で出かけてきました。

 会場いっぱいに、様々な団体が展示やとりくみをされていて、大盛況!環境にかかわって活動されている団体が、こんなにたくさんあることに、改めて驚き、心強く思いました。
 屋台でうどんとたこ焼きを食べましたが、この食器も使い捨てではなく、「リユース食器」を使っていました。他のイベントでもぜひ見習いたいですよね。

c0121545_733280.jpg さて、うちの長男(3年生)は、学校で地球温暖化の話を聞いてから、何かと心配をしていて、
夜寝る時に「地球温暖化で家が洪水になったらどうしよう・・・」と考えて眠れなくなるような、真面目な(?)小学生です。ぜひ環境について考えるきっかけに、と一緒に連れて行ったところ、早速、会場入り口の風力発電と太陽電池の装置(左の写真)や燃料電池車に興味しんしんで、担当の方に質問責めをしていました。
 「環境」という身近で大きなテーマを、私自身ももっと深めて、子どもたちに何かを伝えていけるようになりたいと思いました。
 
[PR]
by sarage | 2008-03-03 07:03 | 市政・議会 | Comments(0)