ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました!

 昨日は、子どもと3人で、やっとインフルエンザの予防接種を受けに行くことができて、一安心。議会中にインフルエンザになったりしたら、大変ですからね。
 それにしても、この予防接種、費用が高いです。こども2500円、大人3000円で、3人で8000円もかかりました。しかも、13歳未満のこどもは2回受けないと免疫がつきにくいそうで、もう一度受けに行かなければいけません。

 10月議会の一般質問では、このインフルエンザの予防接種の費用助成について取り上げました。65歳以上の方には、国の制度で費用助成があり、1回1000円で受けられるのですが、子どもたちには、こうした助成制度がないため、費用が高くて大変です。ぜひ市として独自に、子どものインフルエンザ予防接種に補助をしてほしい、と提案しました。
 この子どもの予防接種への助成制度、全国でもまだ数多くはありませんが、東京や広島などの自治体で、実施が広がってきています。ぜひこうした面からも、子育てを応援できるようにがんばりたいと思います。

 昨晩は、星田地域の年末警戒に参加して、地域のみなさんと約1時間、「火の用心~」と歩いて回りました。地域の方や、子ども会のお母さんたちなど、大勢参加されていました。たくさんの方から、「地元・星田のためにがんばってや!」と声をかけていただき、ありがたいことです。

 さて、今年もいよいよあと少しとなりました。
 昨年の12月に、選挙への立候補を発表して、9月の選挙本番、そして市会議員としての初めての生活が始まり、めまぐるしい毎日でしたが、いつも周りのみなさんにあたたかく支えていただき、病気ひとつかかることなく、元気に一年を過ごすことができました。たくさんの方に出会い、本当にたくさんの方に支えられ励ましていただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。
 今年一年、本当にありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by sarage | 2007-12-30 09:33 | 日記 | Comments(2)

 悔しい!子ども医療費の請願が賛成少数で不採択に

 本日、12月議会の最終日でした。かねてお知らせの通り、新日本婦人の会から4,916名の署名とともに提出された、「子どもの医療費助成を就学前まで引き上げることを求める請願」の審議があり、私が紹介議員(日本共産党の3名)の代表として、趣旨説明をしました。

 前の発言席に出てしゃべるのは初めてで、ドキドキでしたが、傍聴席を見ると、たくさんの子育て仲間が駆けつけてくれたのが見え、傍聴席のみんなの気持ちを代弁するつもりで、「ぜひ就学前まで助成を引き上げて子育てを応援してほしい」と心をこめて訴えました。

 しかし、結果的には、賛成したのは共産党の3人と、栗原議員・坂本議員の計5人で、それ以外の市民クラブ・公明党・自民党などの11人が反対したため、賛成少数で、不採択となってしまいました。とにかく悔しい!のひと言です。

 特に、公明党は市会議員選挙で4人とも「就学前まで医療費は無料に」と公約に掲げていたこともあり、賛成にまわるのでは、と聞いていただけに、本当に残念です。
 しかも、市民クラブの議員が、「自民党・公明党・市民クラブを代表して、反対討論をおこないます」と、なぜか3党まとめての反対討論。反対するならするで、自分の言葉でその理由を述べるのが、市民に対する最低限の責任ではないでしょうか。

 本当にたくさんの子育てママとその先輩たちが、この請願の採択に大きな期待を寄せ、署名集めに走りまわったことを思うと、今回の結果は実に悔しいけれど、めげることなく、今後とも、子育て中のお母さんたちと力をあわせて、がんばりたいと思います!
 
 「市の財政が厳しいから、いまは無理」--そんな議論が予想されるなか、共産党議員団で相談し、私が徹夜でまとめた財源についての提案(本会議での発言の一部)を、ちょっと長くなりますが、よかったらお読みください。↓ ↓

   **********************************     

 子どもの医療費助成を1歳引き上げるためには、1500~1600万円、就学前まで引き上げるには、3500~4000万円が必要となります。この財源をどうするか。

  ①来年4月から、国の子育て支援策として、就学前の子どもの医療費が本人3割負担から 2割負担へと軽減されます。これによって、市が負担してきた乳幼児医療費のうち、約1000万円が軽減されます。この分を、医療費助成の拡充のために使うのは、当然のことです。

  ②これまで市が実施してきた「基本健康診査」が今年度で廃止され、来年度から「特定健康診査」に切り替えられます。これまで「基本健診」に対し、交野市は2700万円を負担していましたが、来年度からこの負担がなくなります。このうち一部を、同じ健康に関わる分野として、子どもの医療費助成にあててはどうでしょうか。

  ③今年8月に出された「財政健全化計画(実施編)の見直しについて」のなかでは、安心・安全に係わる新たな経費について、今後の新たなニーズにも対応できるようにと、予備的経費を約1億8千万円見込んでいます。この予備的経費のうちの一部をあてることも可能です。

  ④ さらには、財政健全化計画では、平成22年度に基金残額を8億8千万円残す当初の計画でしたが、6億2千万円上積みをして、15億円を残す計画へと変更しています。この基金のほんの一部をまわせば、就学前までの医療費助成をおこなうことは可能です。

   以上、財政が厳しいことは承知していますが、市が、子育てや市民の暮らしを応援するという姿勢にたつならば、財源を工面することは可能だと考えますので、ぜひ前向きな検討をお願いします。




 
 



 
[PR]
by sarage | 2007-12-21 15:58 | 子育て | Comments(0)

学童でもちつき大会

 日曜日に長男の学童保育(放課後児童会)で、もちつき大会がありました。
 私は、もちつき班の班長で、土曜日から、餅米洗いなど準備にてんてこまいでした。
 学童には今年から入会したばかりで、もちつきの手順もさっぱり分からず、ウロウロしているうちに、もう一人の班長さんが仕切ってくれて、私はひらすらお湯を沸かしていました。

c0121545_8381625.jpg もちつき大会、やってみると楽しいですねぇ。まわりのお母さんたちと、あーだこーだと騒ぎながら、いっしょに餅を丸めたり、「ゆず餅が美味しい!」と盛り上がったりしているうちに、あ~もうすぐお正月なんだなあという気がしてきました。
 お父さんもたくさん参加して、火をおこしたり、大活躍してくれました。(写真は長男です)


 さて、12月議会も最終日を残すばかりとなりました。私は、新日本婦人の会から提出されている、「子どもの医療費助成を就学前まで引き上げることを求める請願」の紹介議員の代表として、本会議で趣旨説明をします。この請願は、最終的に4,916名の署名を添えて、提出されています。子育て応援を願う、約5,000名の声を、議員のみなさんが重く受けとめ、採択されることを願います。
[PR]
by sarage | 2007-12-19 08:38 | 日記 | Comments(0)

星田北地域に公園を

 昨日の本会議で、2つ目に「星田北地域に公園を」と一般質問をしました。
 星田北地域は、これまで工場地帯が中心でしたが、近年、大きなマンションができたり、宅地開発がすすみ、人口も増えています。
 ところが、公園などが少ないため、「子どもを遊ばせる場所がない」と、子育て中のお母さんが困っておられたことを、今回の質問でとりあげました。

 星田北地域(1丁目~8丁目)には、あわせて2箇所の「ちびっこ広場」しかありません。
公園担当の方の話では、「天の川緑地をあわせると、市内の平均より公園面積が広いです。
天の川緑地まで行って遊んでくれたらいいのですが」とのこと。小さな子どもを連れて、たびたび天の川まで行けるでしょうか。やっぱり、歩いていける、身近なところに公園が必要です。

 今回私が提案したのは、星田北5丁目にある「交野市防災多目的広場」を、子どもたちの遊び場として開放できないか、ということです。この広場は、土地開発公社が保有している土地で、いま民間に一部を貸し出して、駐車場やトラック置き場になっています。
 けれど、もともと、土地開発公社の土地は、交野市が何らかの形で活用するために取得されたもの。必要に応じて、市が活用することができます。
c0121545_16425791.jpg
 右の写真が、その「防災多目的広場」です。奥には、大きなマンションや新興住宅街も見えています。いまは草も伸び、トラック置き場となっていて入れませんが、ここで、子どもがボール遊びをしたり、お年寄りがゲートボールしたりできたら、とてもいいのではないか、と思うのですが、「現在は民間に貸し出していて、難しい」との答弁でした。でも、この契約は、一年ごとに更新されるもので、市がやる気になれば、市民のために活用することは可能です。
 今後も、地元のみなさんの意見をお聞きしながら、とりくんでいきたいと思っています。
[PR]
by sarage | 2007-12-15 16:48 | 地域の話題 | Comments(0)

本会議で一般質問

 今日、一般質問の初日、トップバッターで日本共産党の出番でした。
私からは、「公立幼稚園の縮小・廃止は見直しを!」と、「星田北地域に公園を」の2点で質問をしました。
 質問の時間は、日本共産党の3人あわせて45分。私のあとに質問する、さかのさんの時間まで食いこんではいけないと、時間が気になって、準備した質問を一つとばしてしまいあせりましたが、とにかく、自分の思いを、一生懸命しゃべってきました。

 今年になって、この公立幼稚園の縮小の方針が出されてから、「公立に行きたい人、いっぱいいてるのに、なくしたらアカン!」という声を、たくさんお聞きしてきました。
 現場で働く先生のお話をうかがったとき、「公立園では、文字を教えたりしないので、小学校でついていけるか心配する保護者もいるけど、幼児期には、遊びを通して、集中力や人とのかかわり、自分で考える力をつけることが大事だと思っている」というお話を聞き、大きくうなずいてしまいました。

 今回の質問を準備するなかで、公立幼稚園が現在8人の障害児を受け入れ、加配の先生をつけて対応しているということも知り、公立の役割をあらためて認識しました。
 今後、幼稚園だけなく、公立保育所の部分も、縮小や民営化が検討されることになっています。子どもたちの育ちを、カネ勘定で切り捨てていこうとするいまの方向に、なんとかストップをかけていきたい。私もがんばります!

 
[PR]
by sarage | 2007-12-14 20:56 | 市政・議会 | Comments(0)

12月議会が始まりました

 6日から12月議会が始まり、忙しくなってきました。
 12月議会の一般質問では、公立幼稚園の縮小・廃止の問題をとりあげようと、いま準備をしています。 
 この問題は、いま幼児問題対策審議会で審議中ということですが、今年度中にも、審議会の答申が出されて、公立幼稚園を縮小する(3園のうち1園をなくす、など)方向で、一気に動き出すのではないか、と大変心配しています。

 9月の市会議員選挙のなかで、子育て中のお母さんたちから、「公立幼稚園をなくさないでほしい」「公立幼稚園の良さを大切にしてほしい」という声を、本当にたくさんお聞きしてきました。何よりも、「市の財政が厳しい」というお金の問題だけで、大切な子どもたちの育ちの場をなくしてしまっていいのか、というみなさんの怒りや思いを、今回の一般質問で代弁できるようがんばります!(日本共産党の一般質問は14日午前10時からです)

 さて、今週号の「大阪民主新報」に嬉しいニュースが。大東市が、来年度から、子どもの医療費助成を就学前まで拡充する方針をあきらかにしたそうです。いよいよ、枚方市、寝屋川市に続いて大東市も就学前まで実施です。子育て支援の大きな流れを、ぜひ交野市でも!


 
[PR]
by sarage | 2007-12-08 07:35 | 子育て | Comments(0)

3中フェスティバル

c0121545_1959351.jpg
 今日は、自宅のすぐ近くにある第三中学校で校区ふれあいフェスティバルがあり、息子2人を連れて参加してきました。もちつき、ヨーヨー釣り、お菓子詰め放題ゲームなどを無料でやらせてもらい、子どもたちもゴキゲンでした(写真は次男です)。地域の交流と子どもたちのために、様々な準備をしてくださるみなさんがいて、いつもながら有難いことです。

 お昼から、「第17回交野母親大会」があり、映画「キムの十字架」を見てきました。戦時中の朝鮮人の強制連行をあつかったアニメ映画です。戦争中、朝鮮から日本に強制連行されて、強制労働をさせられた人々は、120万人にもなるそうです。その一人ひとりに、生活があって、家族があったこと、それが戦争と日本軍によって引き裂かれたことを、この映画を見るまで、あまり考えたこともありませんでした。こうした歴史の事実を学び考える機会が本当に大切です。
[PR]
by sarage | 2007-12-02 20:00 | 日記 | Comments(0)

星田山手の山ナリエ☆点灯式

 c0121545_917257.jpg
昨日は、星田山手の街あげてのイルミネーション「山ナリエ」の点灯式があり、私も参加させてもらいました。たくさんの地域のみなさんが、一品持ち寄りのパーティー形式で、光の風景と会話を楽しんでおられました。

 我が家も、この美しい光景を息子たちに見せてやろうと、子ども2人を連れて行きましたが、
兄弟げんかはするし、お菓子を落としたと泣き出したり、あげくのはては、飾りのウルトラマンに夢中になって、台から落ちて足をすりむいて大泣き。最後はおんぶをして帰宅しました(重い!)。子どもたちは、なかなか親の決めた予定の通りには、行動してくれないものですね。

 さて、先週金曜日に、議会運営委員会があり、先日新日本婦人の会から提出された、「子どもの医療費助成を就学前までひきあげることを求める請願」の紹介議員(日本共産党の3名)の代表として、請願の趣旨説明をしました。枚方市では、今年の3月に議会として全会一致で同様の議決をあげていることなどを紹介しながら、ぜひ子育て応援の意味からも、この請願に賛成してほしい、と訴えました。ぜひ本会議で採択を!
[PR]
by sarage | 2007-12-02 09:32 | 地域の話題 | Comments(0)