ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

異常な「共謀罪」強行に抗議!

 国会で、「共謀罪」法案が強行採決・可決されました。
 法務委員会での審議打ち切り、採決を抜きに、いきなり本会議で採決強行など、あまりにも異常です。それぞれ、主義主張は違っても、議論を尽くすのが民主主義です。
「共謀罪」反対、おかしいことはおかしいと、声をあげ続けます。


 *6月12日号「全国商工新聞」で読んだジャーナリスト・青木理さんの文章に共感。一部紹介します。
↓↓↓
「一般市民は共謀罪の捜査や監視対象にならないと政府は強弁する。だが、一般市民とはどのような人びとを指すのだろうか。
 所属する組織に逆らわず、ひたすら従順に仕事をこなす人。政府に疑問など抱かず、政治や社会のありように無関心で、デモや集会などには決して参加しない人。これらがおそらく政府の言う一般市民。

 だが、所属組織の不正が許せず、苦悩の末に内部告発したらどうか。政府の政策に疑問を抱き、デモや集会で声をあげたらどうか。彼ら彼女らは、果たして一般市民か。(中略)。では、所属組織に不正があった時、黙って見過ごすのか。巨大公共事業を近隣に押しつけられ、それが不当でも唯々諾々と従うのか。
 私は、見過ごしたくない。黙ってあきらめず、可能な限り抗いたい。それこそが市民本来の姿であり、民主主義社会を発展させる。
 「共謀罪」がこうした社会基盤をぶち壊しかねない点に最大の問題はあると私は思う。」



 

[PR]
by sarage | 2017-06-15 10:59 | Comments(0)
公立幼児園の民営化に不安の声あ... >>