ブログトップ

こんにちは! 交野市会議員  さらがいふみ です!

sarage.exblog.jp

交野でも、保活地獄!?

 4月からの保育所入所の1次選考で「落ちた」方に、2次選考の結果がそろそろ届くころです。祈るような気持ちで入所の通知を待っている、お父さん・お母さんたちから、切ない声が続々と寄せられていますので、一部紹介させていただきます。

・Aさん
 結婚を機に交野市にやってきました。3歳の子供は保育園にも落ち、二次選考待ちですが希望は薄く、やむを得ず転職を考え、空きがあった幼稚園にも応募し面接しましたが、幼稚園ですらだめでした。子供を生むのではなかったと思いたくないのに、子供が悪いわけではないのに、自分の子育てと、子供を責めてしまいます。せっかくの良い所でしたが、あくまでそれは保活に成功した方、子供がいない家庭、高齢者に限ったことなんだと実感し、本当に引っ越してしまいたいくらいです。保活地獄。

・Bさん
 交野に新築で家を建てていて、4月に入居予定。新生活に夢をふくらませていたところ、2歳の子供が保育所に落ちて、目の前が真っ暗に。ローンも組んで、妻もいまさら仕事をやめられない。交野での新生活を始める最初のハードルが高すぎる!2次選考でなんとか決まることを願うばかり。

・Cさん
 育休あけで保育所を申し込んでいましたが、1次選考で落ちました。新しくできた小規模保育所に申し込もうかとも思いましたが、結局色々考えて退職を決めました。

・Dさん
 妻は在宅でパソコンの仕事をしているが、ずっと保育所に入れない。今年も2次選考待ち。妻が育児ノイローゼ気味で心配なので、早く保育所が決まってほしい!

 私のまわりだけでも、こんなにせっぱつまった声がたくさん。
 3月議会の市長の「施政方針」では、30歳代の方の交野への転入が多いと喜んでいましたが、交野で子どもを育てたいと、夢をふくらませて引っ越してきた方に、「子どもを生むのではなかった」「引っ越してしまいたい」と思わせてしまうような交野市ではいけない!と心から思います。
 交野で子育てをしてよかったと思える街に、私ももっとがんばらなければ。まずは2次選考で、みなさんの保育所がなんとか決まりますように!

 





 

[PR]
by sarage | 2017-03-12 22:44 | 子育て | Comments(0)
<< さよなら オムライス 坊領遺跡の現地説明会 >>